• トップ /
  • 自動車免許を取得するための試験

自動車学校の大きな2つの試験

自動車学校を卒業するためには、大きな2回の試験をパスしなければなりません。一つは仮免を取得する前に行われ、もう一つは卒業するために行われます。自動車の実技及び学科の習得には個人差があるので、同じようなペースで教習を受けても、同じレベルに到達できない人が必ず出てきます。実技は問題ないのに、学科がなかなか覚えられない人も入れば、その逆もあります。仮免というのは、それまで自動車学校の中で運転の練習をしていたのが、路上に出ての教習を受ける際に必要な仮の免許のことを言います。多くのクルマが行きかう路上に出ていくわけですから、その時点では路上を走行することができるだけの運転技術を習得している必要があります。そのために仮免の試験が行われるわけです。仮免に落ちてしまうと、もう一度うまくできなかった教習を追加で受けなければなりません。また、卒業前に行われる試験も重要で、これを無事にパスすると自動車学校を無事に卒業することができます。ただ卒業すると運転免許が自動敵に発行されるわけではありません。卒業後は免許センターで最後の試験を受ける必要があります。ただし、運転免許取得の際の実技試験が免除され、学科だけに合格すれば良いことになります。

↑PAGE TOP